富山市飯野発砲事件!殺された男性の実名と顔写真が明らかに!

22日午前3時38分ごろ、富山市飯野の路上で、110番を受けて駆け付けた富山中央署地域課の60代男性巡査部長が包丁を突き出し襲い掛かってきた男(38)に拳銃1発を発射し、弾が左胸に命中した。男は富山市民病院に運ばれ、約50分後に死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は大動脈損傷とみられる。弾丸は背中から見つかった。

同署によると、死亡したのは、近くに住む幸田勇治容疑者。同署は容疑者死亡のまま銃刀法違反(所持)の疑いで捜査しており、公務執行妨害や殺人未遂の容疑も視野に、近く書類送検する方針。  幸田容疑者は両親と自宅で同居していた。事件当時、3人とも自宅にいた。同容疑者が自宅で大声を上げたことに対し、父親が注意したところ、台所から包丁を持ち出し暴れ始めた。  同日午前3時22分、自宅から内容不明の110番通報があったが、回線が切れ、約8分後に幸田容疑者の母親から「息子が暴れている。通報してほしい」と依頼を受けた近隣住民から再び110番があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です