青森県で新たに感染者6人 東奥日報社社員

青森県は10日、新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。居住地別に青森市、弘前保健所管内が各2人、八戸市、上十三管内が各1人。新規の感染経路不明は青森市の20代男性と八戸市の40代男性の2人で、ほか4人は既に判明した感染者の濃厚接触者。いずれも軽症、無症状で重症化はしていない。県内の感染確認の累計は828人となった。
青森市の60代男性は東奥日報社の社員で、濃厚接触者は市保健所が調査中。市によると、男性は9日に陽性が判明した弘前管内60代男性の知人で、行動歴の調査の中で接触があったことが分かった。この弘前管内60代男性からは、男性と同居する60代男女2人の感染も10日に判明した。県によると、男女2人に関する濃厚接触者はいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です