広島県呉市倉橋島沖の海上でボートが転覆した状態で発見60代男性1人が心配停止 男性の名前、現在

6日午後に広島県呉市の海上でボートが転覆しているのが見つかり、乗っていた男性2人が行方不明となりました。7日午前、周辺海域で男性1人が心肺停止の状態で発見され、呉海上保安部は身元確認を進めています。

6日午後4時40分ごろ、呉市の倉橋島沖に船で釣りに出た知人が帰らないとの通報が第6管区海上保安本部にあり、南に約3キロの沖合にプレジャーボートが転覆しているのが見つかった。7日朝に現場の南西約9キロにある山口県岩国市の福良島付近で心肺停止の状態で見つかり、呉海上保安部が乗船していた男性とみて身元確認を急いでいる。

同部によると、乗船していたのは広島市の60代男性と呉市の70代男性で、いずれもボートから海に転落したとみられる。2人は6日朝から釣りに出かけており、船体に傷はなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です