黒島結菜NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のヒロインに決定!※ちむどんどん※タイトルの意味は?イナムルチはどんな料理?

3月3日のあさイチで発表

沖縄県出身の黒島結菜が、2022年度前期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のヒロインを務めることが、本日3月3日(水)放送の情報番組「あさイチ」中に発表され、黒島さんが沖縄から生中継で登場した。 2022年は沖縄本土復帰から50年。沖縄本島の北部「やんばる地方」で4人兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子が、初めて食べた西洋料理に感動し、1972年の本土復帰の年に料理人を目指して上京。横浜市の鶴見に下宿し、東京のレストランで修業を積みながら運命の出会いをし、やがて「東京で沖縄料理の店を開きたい」と願うようになる、というストーリー。 これまで連続テレビ小説(朝ドラ)のヒロインは記者会見で発表されてきたが、コロナ禍ということもあり、今回は史上初めて「あさイチ」内での発表となった。

ちむどんどんの意味は

タイトルの「ちむどんどん」とは「心がワクワク、ドキドキするという意味」と説明。好きな沖縄の郷土料理として、甘い味噌が特徴のイナムルチを「豚汁みたいなイメージ」と紹介した。同作中にはほかにも沖縄の郷土料理がたくさん登場するという。

イナムルチはどんな料理か?

イナムドゥチは、沖縄県の郷土料理。具沢山の味噌汁で、お祝い料理のひとつである。語源は「猪もどき」で、イナムルチと表記されることもある。その名の示すように豚肉を使用した汁物で、細い短冊切りにした豚の三枚肉、こんにゃく、かまぼこ、しいたけ、油揚げなどを、九州地方特有の甘い白味噌仕立てにしたもの。

材料

豚三枚肉200g干し椎茸3枚カステラ蒲鉾100g厚揚げ豆腐100gこんにゃく150g甘口白味噌125g花かつお15g☆鰹出汁400cc☆豚出汁400cc☆椎茸の戻し汁200cc

黒島結菜プロフィール

黒島 結菜は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 ウィキペディア生年月日: 1997年3月15日 (年齢 23歳)出生地: 沖縄県身長: 162 cm本名: Yuina Kuroshima学歴: 沖縄県立糸満高等学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です