巨人・田口麗斗投手(25)と、ヤクルト・広岡大志内野手(23)の電撃交換トレードが成立 理由はなぜ?

巨人・田口麗斗投手(25)と、ヤクルト・広岡大志内野手(23)の交換トレードが1日、両球団間で合意に達した。この日午後に正式発表される。

春季キャンプを終えたばかりの原巨人が、水面下でさらなる戦力整備を進めていた。パンチ力のある右打ちの内野手を探していた巨人と、先発投手陣の層を厚くしたいヤクルトとの思惑が一致。シーズン開幕まで4週間を切ったタイミングで、電撃トレードが成立した。

広岡は将来性豊かな右の大砲だ。15年ドラフト2位でヤクルト入り。ルーキーイヤーの16年9月29日のDeNA戦で1軍初スタメンを飾ると、2回にセ・リーグの高卒新人野手では56年ぶりとなる初打席初本塁打をマーク。勝負強さを見せつけた。19年には自身初の2ケタとなる10本塁打を記録。守備でも本職の遊撃手に加え、二塁や外野など複数のポジションをこなせる万能性も持つ。攻守に荒削りながら潜在能力の高さを評価する声は多く、成長次第で球団が長く探している坂本勇人の後継者候補になり得るとみている。奈良・智弁学園出身で、若大将・岡本和真の後輩にあたる。



ヤクルトに移る田口は実績十分の左腕だ。2013年ドラフト3位で広島新庄高から入団。球速は140キロ台ながら、投球術に長け、16年に10勝、17年には自己最多となる13勝と2年連続2ケタ勝利を挙げた。18年以降は故障などが重なり、先発ローテ―ションに定着できなかったが、19年は中継ぎとしてフル回転。20年も開幕ローテ入りを果たしたが、故障もあって、終盤は中継ぎに回っていた。ローテ―ション入りに燃える今春、キャンプ序盤に右太もも裏の張りを訴えて離脱したが、すでに完治。2軍で虎視眈々と1軍昇格を狙っていた。

巨人は昨年、5件のトレードを成立させた。その背景には「選手を飼い殺しにしない」という現場、フロントの共通認識がある。球団としては田口の実力やタフネスさへの評価、期待ともに高いが、先発、中継ぎとも層が厚みを増してきており、思い切ったトレードに踏み切ったと見られる。両者とも、現状では殻を破り切れていない印象が強く、互いに新天地で素質が一気に開花する可能性は十分にあると言える。

◆田口 麗斗(たぐち・かずと)1995年9月14日、広島市生まれ。25歳。広島新庄高では甲子園出場なしも「東の松井(桐光学園高・現楽天)、西の田口」と注目され3年夏に高校日本代表選出。13年ドラフト3位で巨人入団。2年目の15年にプロ初勝利を挙げ3勝。16年に10勝10敗、17年は13勝4敗の好成績。19年は主に中継ぎで55登板とフル回転し、同11月の世界野球プレミア12で侍ジャパンに選出され優勝に貢献。通算162登板、36勝37敗2セーブ、防御率3・49。今季の推定年俸は7000万円。

◆広岡 大志(ひろおか・たいし)1997年4月9日、大阪市生まれ。23歳。智弁学園高で2年春、夏の甲子園出場。高校の1年先輩が巨人の岡本和真。15年ドラフト2位でヤクルト入団。1年目の16年9月29日のDeNA戦(横浜)で引退試合の三浦大輔(現監督)から、セの高卒新人では56年ぶりの初打席初本塁打。19年に10本塁打。昨年は一塁、二塁、三塁、遊撃、外野で出場。通算236試合、打率2割1分4厘、21本塁打、54打点。183センチ、81キロ。右投右打。今季年俸は推定1700万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です