千葉県袖ケ浦市で、競輪選手の成清龍之介さん(なりきよりゅうのすけ)(21)が練習中に停車していたトラックに突っ込み死亡 事故原因は?フェイスブック、インスタ

千葉県袖ケ浦市で、競輪選手の男性が練習中に停車していたトラックに突っ込み死亡しました。  24日午前10時ごろ、袖ケ浦市中袖の路上で、停車していた中型トラックの後ろに直進してきた自転車が衝突しました。自転車を運転していたのは市原市の競輪選手・成清龍之介さん(21)で、当時は練習で自転車を運転していましたが、事故で頭から血を流す重傷を負いました。その後、成清さんは市内の病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されました。  警察は、中型トラックを運転していた神奈川県川崎市の50歳の男性から任意で事情聴取を進めて事故の詳しい状況を調べています。(24日20:03)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です