速報!栃木県足利市両崖山の山火事続く、避難勧告を追加して発令今現在の様子 御岳神社、織姫神社は無事か?なぜ5日間も山火事消えないのか専門家の見解!山火事の原因は?

栃木県足利市の山火事は5日目の25日も延焼が続いた。

周辺の5中、高校が休校し、新たに天狗山西側の大岩町の一部30世帯に避難勧告が出た。避難勧告は計207世帯になった。北関東自動車道の足利IC―太田桐生ICも24日夜から通行止めとなり、あちこちで渋滞が起きた。

 市によると、焼失面積は約100ヘクタールに広がり、火が天狗山南側の今福町や西側の大岩町方面の民家に迫る場所が増えた。北側は北関東道の大岩トンネルの上部を越えて延焼した。null

 市は学校のプールや河川の調節池に水をため、消火用の水確保を始めた。上空からの放水に参加したヘリは茨城や埼玉、宮城県など計12機。地上からも県外から消防応援を受けて168人態勢で消火に当たった。応援を含めた指揮系統を整備するため、消防庁から指揮要員の派遣も受けた。

一部焼け跡が報道陣に公開された。民家まで約3メートルに迫った焼け跡では雑木林の下草や落ち葉が燃えて黒く焦げていた。火だねが飛び散って広がっている様子が確認できた。

25日鎮火の見通し立たず

栃木県足利市の山火事は25日で発生から4日がたちますが、延焼が続いています。鎮火の見通しは立っていないということで、市は25日午前、新たに市内の30世帯に避難勧告を出しました。

栃木県によりますと、今月21日に足利市西宮町で発生した山火事は延焼が続いていて、24日午後5時半の時点でおよそ76.5ヘクタールが焼けさらに燃え広がっているということです。

25日は、午前7時前から自衛隊がヘリコプターを使った消火活動を続けています。

また、消防も地上からの放水活動を行っています。

足利市は住宅地への延焼のおそれがあるとして、24日までに市内の177世帯に避難勧告を出しましたが、25日午前7時半に対象を拡大し、新たに市内の大岩町の30世帯に避難勧告を出しました。

これで避難勧告が出されているのは合わせて207世帯となりました。

自衛隊による空からの消化活動が続く

西宮町林野火災 避難勧告 本日2月24日午後1時、本城1丁目地内足利高校西側100世帯に対し、避難勧告を追加して発令しました。避難場所は第二中学校です。住民への周知は職員が地域を巡回して行います

栃木県足利市で続く山火事は、3日間たった今も継続して燃え広がっている。

市は近隣住民72世帯に避難勧告を出し、命の安全を第一優先にした。

今後も状況が変わってくれば、避難人数が増えるかもしれない。

また、休校となる学校もでるなど、ただの山火事ではすまないレベルまで被害が広がってきている。

栃木県の山火事の23日午後6時45分現在の様子。

映像では、点々といたるところで火の手が上がっているのが確認できる。

栃木・足利市の両崖山で、21日午後3時半すぎに発生した山火事は、2日以上たったが、延焼が続いている。

足利市は、延焼拡大のおそれがあり、広い範囲で煙が充満していることから、

近隣の住民に避難勧告を出し、対象を54世帯のおよそ100人に拡大した。

自衛隊のヘリなどが消火活動にあたったが、鎮火のめどは立っていない。

山火事はなぜ収まらず拡大するか?

上空からも消化活動を行いますが、
結局のところ消防車が入れず、消化活動ができない事が一番の原因です。今回の火災に関しては、強風の影響受け、
いつまで続くか目処は立ちませんよ。

山火事の原因の一位は焚き火や火入れの割合が多いです、今回も焚き火が原因かもしれません
さらに2月は日本列島全域で乾燥し火災が発生しやすくなりますので、注意が必要ですよ。

世間の声は。。。

カリフォルニアで起きた山火事のようだと心配する声や、避難所で避難しているという声が聞こえてくる、ここまで大きな山火事がおきるのは日本も稀である。

近くの「市さいこうふれあいセンター」など2か所に避難しています。23日も23人が避難している。けが人はいない。

カリフォルニアの話でないのですね。

177.8 km²だから
明石市より広いよ

山、結構赤々と広範囲燃えてるの見えます。
市街もとても煙臭く灰が舞っています。
信号待ちの車が揺れるほどの強風です。
付近の方心配です。注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です