愛知県安城市無免許過失運転傷害などの疑いで伊芸雄一(いげいゆういち)容疑者(33)フェイスブック、インスタグラム、顔写真は?

伊芸容疑者は7年前に免許を失っていた

22日夜、愛知県安城市で追突事故に遭った女性が事故を起こした車を追跡して袋小路に追い詰め、運転していた男がその後に逮捕されました。

 無免許過失運転傷害などの疑いで逮捕されたのは派遣社員の伊芸雄一容疑者(33)です。

 警察によりますと、伊芸容疑者は午後8時半ごろ、安城市内で信号待ちをしていた会社員の女性(40)の車に追突し、女性に軽いけがをさせて逃げた疑いが持たれています。

 伊芸容疑者は約7年前に免許取り消しになっていて、調べに対して容疑を認めています。

 追突された女性は逃げた伊芸容疑者の車を約1.3キロにわたって車で追跡し、愛知県知立市内の袋小路で動けなくなったところで警察に通報してその後、逮捕に至ったということです。

伊芸容疑者のフェイスブックやインスタグラムは?

伊芸容疑者に該当するフェイスブックは検索するとでてきます。沖縄県出身のようです。かなりクルマ好きな人物のようで、無免許なのが信じられないくらいくらいです。伊芸という苗字は沖縄県に多い苗字でおそらく情報は間違いないでしょう。


顔写真は、公開されていませんが、会社は車関連の製造会社に勤務しているようです。彼の過去が正直きになります、どのような理由で免許停止になったのでしょうか?

今回の罪はどれくらいの罪になるのか?

無免許運転免許を取得・更新せずに自動車を運転する行為は、規範意識が低いことの表れであり、危険な運転にも該当します。自動車運転処罰法第6条では、無免許運転による刑の加重を定めています。

また、過失運転致死傷罪を犯した者が無免許だった場合には、「10年以下の懲役」が科せられます(同条4項)。

無免許過失運転傷害は10年以下の懲役ということでかなりの罪ということになります。

無免許では絶対運転してはいけません。もし人を殺してしまった場合にはかな思い罪になります。

京都府亀岡市で無免許の18歳少年(当時)が軽自動車で集団登校中の子どもたちの列に突っ込んで、2人の小学生と母親1人が亡くなった事故の裁判で、京都地検が控訴をした。

2月19日に下された判決は、懲役5年以上8年以下の不定期刑となりました。

この事故はもっとも軽い刑とされていますが、本来であればもっと思い罪が課せられたはずです。

無免許でも車は帰るのか?

結論からいえばクルマの所有者が運転免許保持者である必要はない。 … つまり、クルマの購入時に運転免許の有無で制限を受けることはない。 ちなみに、登録を購入・所有するには印鑑証明書が必要となるが、印鑑登録をできるのは基本的に満15歳以上となっているので、印鑑証明を持てない年齢の子供が所有者になることは難しい。

世間の声は、、、

A
A

そもそも
運転免許証を持っていない者が
車を運転している時点で
一律、殺人未遂罪でよいと思う。

A
A

すごい執念だが、読んでいて気分がスカッとした。追突しておいて逃げるだ、免許失効してるわと、ろくでもないやつは厳罰でいいだろ。

A
A

昔、まだ携帯電話がなかったころ、ぶつけられたときに相手に逃げられおいかけたことがあるが
途中で白バイに出くわし相手は無事に逮捕されましたが、こちらもスピード違反で切符を切られた。理由もちゃんと話し、相手も認めたが緊急車両でない限りスピード違反は認められないとのこと。その後異議申し立てしましたが裁判でもダメでした。

まぁ今の時代、携帯もあることですし追いかけて更に事故にでもなれば問題なので
皆様は警察に電話するようにしましょう。

A
A

跡で捕まえたのは良いが、
どのみち保証はされないような気がする。
無免許じゃ任意保険に入って居ないだろうし、他人名義で入っていたとしても出ない。
その様な人間が実費で保障などするとは思えない。

A
A

最近無免許運転のニュースが多いけど免許証提示しなければ車を買えないようにして免許を持っていない人間に車を貸したら同様の罪に問うようにしなきゃ駄目だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です