福島県で12人感染 学校法人石川高校クラスターがさらに拡大 

福島県によると、2月17日に新たに感染が確認されたのは、石川町の10代の男女6人、 西郷村の10代女性、玉川村の10代女性、平田村の10代男性、会津坂下町の60代女性 会津若松市の60代男性と80代女性の計12人。

このうちの一部は、これまでに生徒17人の集団感染が確認されている学法石川高校の 生徒とみられ、クラスターが拡大している。

県内の医療機関に入院している患者は110人(重症6人)で、病床使用率は23.5%。 累計感染者は1861人。

A
A

福島はクラスター発生の頻度が異常だよ。
ひとつ収束しつつある頃に新たなクラスターが発生。
これの繰り返し。
自粛要請も解除してしまったし、また連日の二桁に戻るんじゃないですか。

A
A

ある程度で収まってほしい

世間の声としては、福島県のクラスターの発生が繰り返している事を懸念する声が上がっています。自粛要請が解除になってまた感染が拡大するのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です