従業員に違法な時間外労働をさせたとして、「杵屋」「そじ坊」などの飲食店を全国で展開する運営会社「グルメ杵屋レストラン」(大阪市住之江区)を労働基準法違反の疑いで大阪地検に書類送検し、発表

  1.  大阪労働局は12日、従業員に違法な時間外労働をさせたとして、「杵屋」「そじ坊」などの飲食店を全国で展開する運営会社「グルメ杵屋レストラン」(大阪市住之江区)を労働基準法違反の疑いで大阪地検に書類送検し、発表した。

大阪労働局の「過重労働撲滅特別対策班(かとく)」によると、同社は2019年4月1日から同12月31日の間、大阪市内の5店舗で、正社員やアルバイト社員の男女12人に違法な長時間労働をさせた疑いがある。労使で定めた時間外労働の上限は1カ月あたり45~75時間だったが、最長で110・5時間の時間外労働をさせていたという。

親会社の「グルメ杵屋」(同)は取材に、「現在は改善している」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です