1月13日大阪・京都・兵庫県 緊急事態宣言追加へ その内容とは

大阪府に緊急事態宣言が出された場合対象エリアを府内の全域に拡大

・営業時間を午後8時まで

・酒類の提供は、午前11時から午後7時までとするよう要請

・引き続き不要不急の外出を自粛するよう改めて要請

・7日、緊急事態宣言が出された東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県との往来の自粛

・成人式前後の懇親会を控えるよう要請することも決めました。

・イベントについては、人数の上限や収容率のほか、飲食をともなわないことなどの要件を設定し、それに沿った開催を要請するとしています。
・職場への出勤については、「出勤者の7割削減」を目指すことも含め人と人との接触の機会を減らすよう、テレワークやローテーション勤務などを強力に推進するとしています。
・事業の継続に必要な場合を除き、午後8時以降の勤務を抑えることや、

時差出勤や自転車通勤などの取り組みを進めることも盛り込んでいます。
・学校などに対しては、一律に臨時休校は求めず、地域の感染状況に応じた感染防止策の徹底を要請

【京都府では】

・京都市内の酒類を提供する飲食店などに対する午後9時までの営業短縮要請について、2月7日まで延長する

・国の支援策「Go Toイート」の府内で使える食事券についても2月7日まで使用を自粛するよう求める
・「京都府感染拡大警報」を出し、府民や企業に対し、不要不急の外出の自粛、首都圏の1都3県への往来の自粛、目標として従業員の半分をテレワークとすることなどを強く要請することを決めました。

【兵庫県では】
・神戸市など4つの市の酒類を提供する飲食店に営業時間の短縮を要請
・大阪との人の往来が多い、神戸市、芦屋市、尼崎市、西宮市の4つの市の一部の飲食店に、営業時間の短縮要請を行うことも決めました。
・居酒屋やカラオケ、バー、ナイトクラブといった、酒類の提供を伴う飲食店や、スナックやキャバレーなど接待を伴う飲食店で、今月12日から2月7日まで、営業時間を午前5時から午後9時までとするよう要請します。
そのうえで、協力した事業者に対し、一日あたり4万円の協力金を支給するとしています。
・公立学校に対しては、受験や就職活動を除いた県外活動の自粛を求めるほか、

・クラスターが相次いでいる、社会福祉施設の職員への研修を強化することも確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です