10代女性を監禁当別町栄町に住む自称・飲食店従業員太田成星容疑者(25)を逮捕

北海道・当別町の自宅で、交際相手の10代の女性を監禁し両足をけがさせたとして、25歳の男とその母親が逮捕・送検されました。

逮捕監禁致傷の疑いで逮捕・送検されたのは、当別町栄町に住む自称・飲食店従業員太田成星容疑者(25)と母親の幸江容疑者(57)です。

2人は自宅で成星容疑者の交際相手の10代後半の女性を脅迫して逮捕・監禁し、両足にけがを負わせた疑いが持たれています。

被害女性は足を金具で固定されていたとみられ、両足に擦り傷などを負いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です