田中将大(ヤンキースからFA)が大減俸!来季年俸を公開

大リーグの今季年俸総額は、昨季から約59%ダウンの約17億5000万ドル(約1803億円)だったと19日のAP通信が報じた。昨季は約42億2000万ドル(約4347億円)だった。
今季大リーグのレギュラーシーズンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響でレギュラーシーズンが本来の162試合から60試合に大幅短縮され、ポストシーズンの一部を除いて無観客で開催された。そのため、選手の年俸も、日割り計算となり、本来の約37%に激減された。具体的には、日本選手で最高年俸だった田中将大(ヤンキースからFA)の今季年俸2300万ドル(約23億7000万円)は、約852万ドル(約8億8千万円)に減額された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です