新潟県新潟市で警察官のが刃物男銃殺! 警官が銃を撃てる条件とは?

新潟県で刃物男銃殺

速報。テレビ朝日など複数のメディアにらよりますと、新潟市内で刃物を持って向かってきた30代男性に警察官が発砲し胸に命中しその後死亡した。

 

警官が銃を撃てる条件とは?

同法では、その「武器により人に危害を加えて良い場合」をさらに限定的に規定しています。

それは、①刑法上の「正当防衛」や「緊急避難」に該当するケースと、②「死刑または無期もしくは3年以上の懲役もしくは禁錮」にあたる凶悪な罪を現に犯したか既に犯したと疑うに足りる十分な理由のある者が逃げるか抵抗した場合等でほかに手段が無いとき、③逮捕状により逮捕する際に抵抗や逃亡等した場合等でほかに手段が無いとき、です。

過去には、警察が発砲し死亡させ裁判にかけられたケースもあり、判決は、警察側が勝訴したようですが、判決まで10年の年月を要したようです。

警官も簡単に引金を弾けない事はわかっていはずなので今回の事件はかなり身に危険が迫っていたのだと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です