速報!塩野義製薬がコロナワクチンの臨床試験を16日に開始 ワクチン普及日程が明らかに

製薬大手の塩野義製薬は、新型コロナウイルスの感染を予防するワクチンについて、臨床試験を16日に開始したと発表しました。国産のワクチンで臨床試験が行われるのは2例目です。

塩野義製薬は、今年4月から新型コロナウイルスのワクチンを開発していて、16日から安全性を確認する臨床試験を開始したと発表しました。国産のワクチンとして臨床試験の実施に至るのは、今年6月に製薬会社「アンジェス」が実施して以来です。

ワクチン投与の対象は、200名以上の成人の日本人で、3週間おきに2回接種します。来年2月末以降に試験のデータを集計し、その結果を厚生労働省などと協議した上で、最終段階の臨床試験に進む予定です。

塩野義製薬は、臨床試験と並行してワクチンの量産体制の構築も進めていて、来年末までに3000万人分以上のワクチンを生産できる体制を整えたいとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です