オリックスがソフトバンクを戦力外になった田城飛翔(つばさ)外野手(21)を育成選手として獲得

オリックスがソフトバンクを戦力外になった田城飛翔(つばさ)外野手(21)を育成選手として獲得することが16日、分かった。  田城は右投げ左打ちの外野手。2017年の育成ドラフト3位で八戸学院光星からソフトバンクに入団。昨季は3、4月のファーム月間MVPに選ばれると、シーズン108安打でウエスタン・リーグ最多安打のタイトルを獲得。打率・307で2位の好成績を挙げ、支配下選手登録も検討された。  今季は打撃不振から37試合の出場に止まり打率・200と低迷。11月18日に戦力外通告を受け、トライアウトを受験していた。  オリックスでは西浦が『両側特発性大腿骨頭壊死症』で両足を手術することもあり、田城獲得に乗り出すことになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です