速報!北九州飲酒当て逃げ事故で、自称風俗店従業員・村田貴哉容疑者(23)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕

15日深夜、北九州市八幡東区で酒を飲んで車を運転したとして、23歳の男が現行犯逮捕されました。当て逃げ事故の通報が逮捕のきっかけでした。
警察によりますと、15日午後11時半すぎ、北九州市八幡東区春の町で「白い車に当て逃げされた」と、原付バイクに乗っていた男性から通報がありました。
警察が駆けつけ付近を探したところ、およそ2キロ離れた路上で特徴がよく似た車を発見しました。
運転していた男を調べたところ、基準値の2倍を超えるアルコールが検出され、警察は自称風俗店従業員・村田貴哉容疑者(23)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。
容疑を認めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です