速報!ANA緊急事態宣言後初の国際線就航へ

先月から中国との間でビジネス関係者などの往来が再開されるなか、全日空は成田空港と中国の深セン※を結ぶ便を14日、就航させました。
全日空が国際線を新たに就航させるのは、ことし4月の緊急事態宣言以降、初めてです。

成田空港から深センに向かう14日朝の第1便には、ビジネス関係の日本人や一時帰国する中国人などの乗客13人が乗り込みました。
先月30日から中国との間でビジネス関係者などの往来が再開されるなか、全日空では、ハイテク産業が集積する深センはビジネス需要が見込めるとして、ことし4月の緊急事態宣言以降初めて国際線を新たに就航させました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です