宮崎県は14日、宮崎市の養鶏場で新たに鳥インフルエンザの発生を確認

宮崎県は14日、宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。簡易検査で陽性だったため、遺伝子検査をしていた。養鶏場では県内で今季6例目。自衛隊に災害派遣を要請し、計約12万6千羽の殺処分を開始した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です