新型コロナステージ4を上回る5都道府県を発表

新型コロナウイルスの感染拡大で、病床がさらにひっ迫しています。
北海道や東京都、大阪府など5つの都道府県は、今月8日の時点で政府の分科会が示す感染状況で最も深刻な「ステージ4」の指標を超えました。

政府の分科会が示す4段階の新型コロナウイルスの感染状況のうち、最も深刻なステージ4では、爆発的な感染の拡大で医療の提供体制が機能不全に陥るおそれがあるとされています。
厚生労働省によりますと「最大で確保できる病床の使用率」は、今月8日時点の全国の平均が32.7%でした。
1週間で2.6ポイント上昇しています。
都道府県別では、兵庫県が68.9%で最も高く、次いで北海道が55.1%、高知県が53.5%と、いずれもステージ4の指標の50%を超えました。
また、重症患者に限った病床の使用率は、大阪府が57.9%、東京都が55%で、同様にステージ4の指標を上回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です