ジャイアンツ、FA宣言、DeNA 井納翔一投手(34)、梶谷隆幸外野手(32)をダブル獲得 巨人入りへ 年俸はいくらか?

DeNAから国内フリーエージェント(FA)宣言した井納翔一投手(34)の巨人入りが決定的となったことが10日、分かった。

球界関係者の話を総合すると、この日までにDeNAに決断を伝え、入団交渉していたヤクルトにも連絡を入れたもよう。

さらに、DeNAから国内FA宣言した梶谷隆幸外野手(32)の入団も決定的となり、9年ぶりの日本一奪回へ“ダブル獲得”に成功した。

原巨人に吉報が立て続けに舞い込んだ。

獲得を目指して交渉していた井納がこの日までに、

来季は巨人でプレーする意向をDeNA側に伝えたことが判明。

ヤクルトにも連絡を入れたもようで、巨人入りが決定的となった。

さらに梶谷も残留交渉を行っていたDeNAに巨人入りを伝えたことが分かり、巨人が投打で補強に成功した。

巨人は井納とFA交渉解禁日の6日に東京都内のホテルで入団交渉を行い、熱意を伝えてきた。

背番号は「21」を準備し、争奪戦を制した。  井納は今季6勝7敗、防御率3・94で、2014年からの4年間で150投球回以上を3度マークするなどタフさが武器の先発右腕。

年俸がCランクで人的補償が必要ないことも魅力だった。

巨人は今季14勝のエース、菅野が米大リーグ移籍を視野にポスティングシステムの利用を申請。

残留の可能性も残ってはいるが、先発投手の補強は急務となっていた。

さらに梶谷の巨人入りも決定的となった。4年総額8億円規模の契約とみられ、背番号は「13」が有力。

2007年に前身の横浜に入団して以来、14年間ベイスターズ一筋で、残留も選択肢として残っていた中、今季リーグ2位の打率・323をマークしたバットマンを口説き落とすことに成功した。

梶谷は今季109試合に出場し、主に1番で打線を牽引(けんいん)。

同僚の佐野と最終盤まで首位打者争いを演じ、19本塁打、53打点、14盗塁とキャリアハイといえる活躍を見せた。 今季の巨人は、外野で固定できたのが中堅の丸だけ。

両翼は補強ポイントとなっていただけに、強打と機動力、守備の技術を兼ね備え、1番や5番を任せられる梶谷の加入は大きい。

打線に厚みが増し、起用法の幅も広がりそうだ。

同一球団からのFA“ダブル獲得”は、1994年オフにダイエー(現ソフトバンク)が西武から工藤公康と石毛宏典を獲得して以来、2度目。9年ぶりの日本一奪回へ、原巨人が加速する。引用yahoo news

 

手薄な外野手の補強に成功

梶谷の補強によって昨季までは丸だけとなっていたジャイアンツの外野手事情にも光が見えてきた、

メインで活躍した外野手がウィラー・亀井などベテラン選手だけに1年間を通して活躍を期待できる梶谷のジャイアンツ入りは大きい。さらに固定できなかった1、2番を固定できる事によって、得点力アップにも期待できる。

両選手の来期年俸は

梶谷は4年8億の契約、井納には年俸1億円規模の契約を複数年で提示した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です