速報!新型コロナ感染者がでた桜の聖母短期大学のオープンキャンパスが中止に 女子大生は現在の様子

キャンパスで感染者が

桜の聖母短期大学(福島県福島市)によると、12月6日に福島市内に住む20代の女子学生が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。

消毒作業のため休校

これを受けて、桜の聖母短期大学では12月7日から9日まで休校とし、保健所の指導のもと施設内の消毒を行っている。

また、12月12日に予定していたオープンキャンパスについても、福島県の内外から参加者が訪れることから中止を決定した。

桜の聖母短期大学では、保健所の調査結果などを踏まえた上で、今後の対応を検討することにしている。

感染した女子大生のの情報は?

現在女子大生の情報は年齢しか発表されておらず、情報はありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です