愛知県豊田市の路上で事故酒気帯び運転の現行犯で健木雄一容疑者(32)を逮捕

事故を起こした運転手から基準値を超えるアルコールが検出され、警察が酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。 2日午前5時45分頃、豊田市十塚町の丁字路で、乗用車とゴミ収集車が出合い頭に衝突しました。現場に駆け付けた警察官が乗用車を運転していた男を調べたところ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。 逮捕されたのは豊田市の飲食店店員・健木雄一容疑者(32)で、警察が飲酒の量などを詳しく調べています。

年末年始にかけ飲酒運転が増えるシーズンだが、全国で飲酒運転の事故が次々と起きている。飲酒運転するほど酩酊状態になってしまうということは、アルコール中毒になってしまっている可能性も高い。

芸能界では小金沢容疑者が飲酒運転で捕まったばかりだが、過去にアルコール中毒のになり病院にかかっていたようだ。

事故をおこし酒に酔って覚えていないでは済まされないのが現実。

つい飲みすぎがとんでもない事故になることがあるので十分に注意が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です