青森市浜館「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを無断で複製して販売容疑!会社員溝江力容疑者(56)を逮捕

人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを無断で複製して販売したとして、青森市の56歳の男が、著作権法違反の疑いで、2日、逮捕されました。

逮捕されたのは、青森市浜館に住む会社員、溝江力容疑者(56)です。
警察によりますと、溝江容疑者は、ことし10月、人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターが印刷されたスマートフォンのケースや、パソコンのマウスパッドを無断で複製し、インターネットのサイトを通じて、県内や関東などに住む3人に合わせて2750円で販売したとして、著作権法違反の疑いが持たれています。
調べに対し、容疑を認めているということです。
溝江容疑者の自宅からは、「鬼滅の刃」などの漫画のキャラクターが印刷されたスマートフォンケースやマウスパッドなどのグッズのほか、パソコンなど、およそ580点を押収したということです。
警察は、無断で複製した商品をほかにも販売していたとみて、調べを進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です