愛知県春日井市で軽乗用車を運転した称自営業・西尾栄一容疑者(60)を逮捕 俺はコロナといって捜査逃れか

4年前に失効した免許のまま運転

愛知県春日井市で28日、無免許で軽乗用車を運転したとして60歳の男が逮捕されました。男は警察官の職務質問に対して「俺はコロナ」などと話したことから保健所などへの確認が生じ、発見から逮捕まで12時間以上かかったということです。

 逮捕されたのは春日井市岩成台の自称自営業・西尾栄一容疑者(60)で、28日午後6時半ごろ、春日井市の道路で軽乗用車を無免許で運転した疑いが持たれています。

 警察によると、情報提供を受けた警察が西尾容疑者の運転免許が4年前に失効していることを確認し、車を運転していたところを見つけ職務質問したところ、西尾容疑者は「俺、コロナにかかってるよ」と発言。

警察もコロナの検査を優先したようで、保健所じ確認をとる、

西尾容疑者に新型コロナ感染の事実はなく、体温や血中酸素濃度にも異常はなかったため、通常逮捕しました。

 無免許で運転しているのを見つけてから逮捕に至るまで12時間以上かかったということです。

 調べに対し、西尾容疑者は「違う」と無免許運転の容疑を否認しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です