ハンドボール元日本代表の宮崎大輔選手が暴行の疑いで逮捕

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔選手が2日未明、愛知・名古屋市内で、知人女性の髪を引っ張るなどした暴行の疑いで逮捕されたことがわかった。
捜査関係者によると、逮捕されたのは、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)で、2日未明、名古屋市内のホテルで、知人女性の髪の毛を引っ張るなどした暴行の疑いが持たれている。
宮崎容疑者は1日夜、名古屋市内の飲食店で男女4人で食事をして、酒に酔っていたとみられ、その中の女性1人とけんかとなり、警察が駆けつける騒ぎとなっていた。
調べに対し、宮崎容疑者は、容疑を否認しているという。
宮崎容疑者は、ハンドボール日本代表として長年活躍し、ハンドボール界の「レジェンド」といわれ、2019年、日本体育大学に再入学している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です