三重県で新たに新型コロナ11人感染確認

三重県は7日、20―90代の男女11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち9人はクラスター(感染者集団)が発生した2施設の入院患者と入所者。県内の感染者は延べ435人となった。

県によると、クラスターが発生した鈴鹿厚生病院(鈴鹿市岸岡町)では、新たに入院患者7人の感染が判明した。うち6人は3日の検査で陰性だったが、5日に発熱。この病院の感染者は41人となった。

7人のうち男性1人は、既に判明した感染者とは別の病棟で入院していた。県は男性の病棟で入院する42人を新たに検査し、全員の陰性を確認。この病棟で勤務する職員への検査を進めている。

同じくクラスターとなった特別養護老人ホーム「伊勢マリンホーム」(鈴鹿市南若松町)でも、入所する50代男性と90代女性の感染が判明。この施設に関係する感染者は職員1人を含めて17人となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です