速報!島根県松江市で新たに新型コロナ4人 立正大淞南高校の野球部の寮で生活する男子部員

松江市は11日、市内に住む4人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。これで感染者の集団、クラスターが発生した市内の私立高校の生徒などで、この4日間に感染が確認された人は合わせて100人になりました。

松江市によりますと感染が確認されたのはクラスターが発生した立正大淞南高校の野球部の寮で生活する男子部員3人と、一般の生徒向けの寮で生活する男子生徒の合わせて4人で、重症の人はいないということです。

高校では今月8日からサッカー部の寮で生活する部員を中心に相次いで感染が確認され、11日までの4日間に感染が確認された人は生徒と教員が95人、それに生徒と同居する人など5人で、合わせて100人となりました。

松江市は、すでに帰省していた生徒を除くすべての生徒と教職員合わせて330人のPCR検査を終え、今後は感染が確認された人と同居する人などを中心に、調査を進めていくことにしています。

一方、この高校のサッカー部と練習試合を行っていた鳥取県の高校のサッカー部員ら89人については、全員の陰性が確認されたということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です