熊本県で新たに新型コロナ14人

熊本県は、新型コロナウイルスの感染者の集団=クラスターが発生した山鹿市にある介護老人保健施設「太陽」で新たに、施設を利用する高齢者9人と職員5人の合わせて14人で、新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを明らかにしました。26日、施設に勤務する20代の男性職員の感染が確認されたことを受けて熊本県が検査を進め、これまでに男性を含めて高齢者と職員合わせて9人の感染が確認されていました。

これまでに高齢者と職員合わせて72人について検査が行われ、このうち23人で感染が確認されたことになります。

熊本県は引き続き検査を進めることにしています。

熊本県内で感染が確認された人は延べ114人となりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です