東京、千代田区の道路脇で、警察官が自殺、持っていた拳銃使用

8日、東京・千代田区の道路脇で、警察官が頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、死亡しました。
警視庁は、持っていた拳銃で自殺を図ったとみて調べています。

警視庁によりますと、8日午前3時半ごろ、東京・千代田区富士見の道路脇の植え込みで「警察官が血だらけで倒れている」と通りかかった男性から通報がありました。
現場では第五機動隊に所属する25歳の男性巡査長が頭から血を流してあおむけに倒れていて、病院に搬送されましたが、およそ18時間後に死亡しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です