速報!長崎で金づち殺傷事件無職の田平静子さん(81)が倒れているのを警察が発見

7日未明、長崎市錦3丁目の市営住宅2階の一室で、この部屋に住む無職の田平静子さん(81)が頭から血を流して倒れているのを通報で駆け付けた浦上署員が発見。現場で死亡が確認された。同署は、1階の部屋に住む無職の男(78)を殺人の疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前0時10分ごろ、田平さん方に侵入し、金づちで頭を複数回殴って殺害した疑い。容疑を認めている。男と同居する親族が「(男が)人を殴ってきた、と言っている」と110番。当時、田平さん方の玄関は施錠され、署員はベランダ側から中に入り、寝室で倒れている田平さんを見つけた。
 同署などによると、2人は顔見知り。男の部屋から血の付いた金づちを押収した。男には精神疾患があり、県警は氏名を公表していない。同署は動機などとともに刑事責任能力の有無を調べている。
 複数の住民らによると、約1年半前、田平さん方のエアコン室外機の音を巡って2人がトラブルになり、警察官が駆け付けたという。近所の女性は、子ども好きだった田平さんの姿が印象的だったといい、「孫にはあめ玉をくれた」と振り返る。50代男性は「同じ団地でこんなことが起きて本当に残念」とつぶやいた。

https://news.goo.ne.jp/article/nagasaki/region/nagasaki-20200508102633.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です