北海道札幌市すすきのクラブで金もないのに店に入り女の子指名逮捕

北海道札幌市のススキノのクラブで飲食代を支払う意思や能力もないのに飲食や接客サービスを受けたとして、無職の47歳の男が逮捕されました。

詐欺の現行犯で逮捕された札幌市の47歳の無職の男は、5月5日午後7時50分ごろから午後10時ごろまでの間、札幌市中央区のススキノにあるクラブで、飲食代を支払う意思や能力がないのに、ビールやカクテルなどの酒類のほか、女性従業員を指名し接客させるなど、約2万3,000円分のサービス提供を受けました。

警察によりますと、男は店員から支払いを求められた際、「手持ちのお金がなく、下ろせばある」と話したたため、従業員が男と一緒に近くのコンビニエンスストアのATMなどに向かいました。しかし、男の所持金がゼロだった事が判明し、従業員が110番通報。警察官に現行犯逮捕されました。

警察の調べに男は「なんでこの店にいたのか、よくわからない」と容疑を否認しています。

北海道内では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「休業要請」を出していて、今回の「クラブ」も該当していますが営業を続け被害にあいました。

また男は約2時間にわたり店内にいたため、接客した女性従業員なども濃厚接触にあたる可能性があるとみられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です