速報!「隣の部屋がうるさくて」無職、蛭田静治容疑者を殺人未遂容疑で逮捕|コロナ自粛絡みか?

  • 自宅アパートの隣室の男性2人を殺害しようとしたとして、警視庁竹の塚署は4日、東京都足立区入谷、無職、蛭田静治容疑者(60)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。30代の男性が刃物で腹部を刺されて死亡しており、同署は容疑を殺人に切り替え、経緯を調べる。 
    逮捕容疑は同日午後8時15分ごろ、隣室に居住する60代男性宅の玄関前で、男性の息子の腹部を包丁のような刃物で刺した上、その後出てきた男性の頭もハンマーで殴って殺害しようとしたとしている。調べに対し、「部屋がうるさく我慢の限界だった」と供述し、容疑を認めているという。 
    同署によると、蛭田容疑者は「ドンドン」と部屋の壁をたたいた後、「出てこい、ぶっ殺すぞ」と隣室に押しかけたという。30代の男性は対応するため玄関に出たところ、突然刺されたとみられる。男性は妻と子供の3人で両親が住むアパートを訪ねていたという。

コロナで自粛ムードで家にいるとなると、いつもは静かだった場所から物音が聞こえてくるのかもしれない。殺人未遂で捕まった男は、無職の60代男性推測ではあるがおそらく独身だったに違いない。

家族団欒の賑やかさと、物音でストレスがピークに達したに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です