速報!大阪市コロナ強盗!大阪府強盗殺人未遂事件フィリピン人の男「100万借金ありコロナで仕事失い金に困ってやった」

5月2日、大府市の住宅で、会社役員の坂野旭さん(34)が男にハンマーで殴られ意識不明の重体となり、警察はフィリピン人で、西尾市の土木作業員、サントス・ロビー容疑者(27)を、借金の返済を免れようと坂野さんを殺害しようとした強盗殺人未遂の疑いで逮捕し、4日、検察庁に送りました。

男は、新型コロナウイルスの影響で仕事を失っており、借金が返せなくなり、このような犯罪を犯したと供述している。

バブルがはじけた平成不況の際も犯罪率が大幅に上がった。

コロナショックは令和の大不況といっても過言ではない、今後このような犯罪が増えることは間違い無く。

我々は自分の身を自分で守らなければいけない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です