速報!新型コロナウイルス感染拡大。28日よりローソントイレ使用禁止

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、コンビニ大手のローソンは、全国の店舗でのトイレやごみ箱の客の利用を原則として休止することになりました。

ローソンは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国のおよそ1万4500店で、原則としてトイレやごみ箱の客の利用を休止するほか、店の外に置いてある灰皿も撤去します。
東京・豊島区の店舗では28日午前、従業員がトイレの入り口や店内のごみ箱に利用の休止を知らせる掲示を貼っていました。
会社ではこれまでにも、レジカウンターに透明なカーテンを設けたり、会計待ちの客が間隔をあけて並ぶよう床に目印を貼るなどの対策をとってきましたが、トイレはドアノブや便座など接触する所が多く密閉された空間でもあることや、ごみ箱は使用済みマスクなど口や手に触れたものが入れられるおそれがあり、感染のリスクが高いと判断して休止を決めたということです。
店長の井手由美子さんは「従業員からもごみの片づけなどが怖いという声も出ている。お客様にはご迷惑をおかけするが、ご理解いただきたい」と話しています。

NHK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です