速報!広島県新型コロナウイルス拡大でも安芸郡パチンコ店休業せず

同協同組合には、県内のパチンコ、スロット店計230店が加盟する。緊急事態宣言が16日に全国に拡大されたのを受け、全店に文書で宣言期間の5月6日までの営業自粛を要請し、大半が休業を決めたが、一部は営業を継続。組合側は休業するよう説得を繰り返してきた。営業する店数は27日時点で1桁台にまで減ったという。

 営業を続ける安芸郡の店は27日、中国新聞の取材に「現段階で取材に答えられない。知事から理由を聞かれれば答える」とした。

広島市は28日、新型コロナウイルスに新たに4人が感染したと明らかにした。同日午後4時半から記者会見を開き、症状などを説明する。感染確認者の累計は市内で77人、広島県内では153人となった。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です