速報!京都市新型コロナウイルス新たな感染を防ぐためにタクシー飯を開始

タクシー大手エムケイ(京都市南区)は、28日から京都市内で飲食店の料理の宅配を始める。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で増加する出前や持ち帰りに注力する飲食店の需要に応える。

【写真】京都走る「チンアナタクシー」

 国土交通省は感染拡大で利用減が続くタクシー事業者支援などを目的に、特例措置として有料で飲食物を運ぶことを認めている。
 同社は専用の電話番号を設けて24時間対応で飲食店からの注文を受け、タクシーのトランクに設置した専用の容器で料理を運送する。料理の代金収受は行わず、キャッシュレス決済などで届け先が店舗に直接支払う。
 特例措置の期限である5月13日まで。配達距離は店舗から半径5キロの範囲で、配送料は緊急事態宣言期間中の6日までは1件110円、7日以降は同550円。
 同社は「飲食店を応援するとともに、自宅でおいしい食事を楽しんでもらい外出する人を減らしたい」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です