東京都コロナウイルス感染者一時滞在場所にビジネスホテル「東横INN東京駅新大橋前」を借り上げ

経営が厳しい状態が続くホテル業界開きベットを活用

東京都は、今後新型コロナウイルスに感染した人が急増した場合に備え、入院している軽症の患者や症状のない人が一時的に滞在できる宿泊施設として東京・中央区にあるビジネスホテル「東横INN東京駅新大橋前」を借り上げたと発表しました。

7日には100室を確保、7日には約10人を移送する。

軽症者や無症状の患者は現在、医療機関に入院中、都では感染者の急速な増加によって対応できる病床が逼迫している。症状の軽い患者をホテルなどでの療養に切り替えることで、より症状の重い患者の病床確保を急ぐ。

ネットの声は・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です