【閉店】潮来富士屋ホテル

茨城県潮来市 2020年3月31日(火)閉店

《新型コロナ・影響》潮来の富士屋ホテル破産へ 負債1億5千万円

同社は1957年4月に創業。79年に6階建てホテル「潮来富士屋ホテル」、89年に対岸の千葉県に結婚式場「開花亭」をオープン。水郷潮来あやめまつりの観光客らを取り込んできたが、高速道整備で日帰り観光が増加。設備投資の負担も重なり、2003年に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

経営再建を進めてきたが、東日本大震災で業況が大きく落ち込み、近年はやや持ち直したものの、新型コロナウイルスの影響であやめまつりへの期待も難しいと判断、事業継続を断念したとみられる。

地方は厳しい現状を打破できるか?

もはや中小のホテルが運営するのに残されている体力はわずかだ、自粛や海外渡航禁止などで飲食と観光がストップしそれに合わせた形で、宿泊業界もいまピンチを迎えている。

感染が拡大し続ける都内では病院がコロナ患者の一時受け入れ場所として、ホテルを借り上げたりと定価どうに歯止めがかかる取り組みが、行われつつあるが、地方のホテルはもはや潰れるのを見ていくしかないのが現状だ。一刻も早く政府が対策を打つべきだ。

住所〒311-2424 茨城県潮来市潮来102
アクセスJR潮来駅から徒歩10分、又は東関道潮来I.Cから車で10分 
営業時間チェックイン 16:00 (最終チェックイン:24:00)
チェックアウト 10:00
定休日
HP茨城新聞
備考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です